• 通路を挟んで左右に建てる完全分離の二世帯住宅【解体打ち合わせ編・K様邸】

     

     

     

    ※15

     

    お庭が素敵な築50年のK様邸、解体前打ち合わせに行ってきました!

    この日は暖冬の今年の中でもなかなかの寒さの中、建物の解体樹木の選定からの伐採造成工事そして古屋の素敵な思いであるステンドガラス他の品々の取り外し・・👀 を設計士・現場監督・解体業者・造成業者・弊社リフォーム担当・現場担当と施主のK様含め、凍えながらの打ち合わせになりました。

    ※05

    しかし、とにかく素敵なお庭をお持ちで、この日は時期的に「梅」の花が満開でした。お庭には四季を楽しめるたくさんの木やお花植えてあり、

    どこか、外国の家に遊びに来たような気持になりました。

    ※19 ※24

    ※18 ※16

    樹齢〇年でしょうか?大変立派な松の木ですね。

    ※20

     

    ※25

    松の木の下には梅の木が植えており、満開ですね。

    しかし解体とともに、長年一緒に過ごしたこの木々ともお別れです。

    配置的に新築する建物にあたる為、神社さんに来ていただきお祓いの上伐採する事になりました。

    この日奥様からお祓いの前日の朝に見た夢の話をしてくださいました。

    夢の内容はまるでお祝いをしてくれているかのような夢だったそうです。

    木には魂が宿っていると言います。

    きっとお施主様の気持ちが木々にも届いたのかもしれませんね。

     

     

    表の庭だけではなく、裏庭にもまたさらに素敵な植物があり、癒しの庭が広がります。

    さらに縁側があり、ぽかぽかした日には縁側に出てゆっくり過ごしたい。そんなお庭です。

    今はなかなか見る事もなくなった木の雨戸・味わい深いですね

    ※06 ※07

    二世帯住宅のK様邸は今回通路を挟んで左右で完全分離の二世帯住宅に建て替えです。

    2世帯住宅と言うと「上下」が一般的に多いですね。K様もいろいろが建築会社に相談されたそうですが、やはりどこも上下タイプの2世帯使用。

    弊社だけが「左右」の2世帯の提案で、そこが決めてになったようです。もちろん敷地条件等もありますが、弊社は充分な聞き取りからお客様が望んでいるスタイルでの提案をさせていただきます。どんなスタイルかは完成をお楽しみに!!(^▽^)/

    ※21 ※26

    家の中もとっても素敵です。

    玄関の扉を開けるとステンドグラスがお出迎えしてくれます。赤い絨毯にレトロな下駄箱もとっても素敵です。

    ※09

    現代の技術ではできないような細工が施されている、素敵なお家でした。

    亡くなったおばあちゃまの趣味のステンドガラス・そして照明は新しいお宅に引き継がれてます。他網代天井や昔で言う茶箪笥などなどどこかに使いたい・・・

    ※23 ※12

    新しいお家もきっともっと素敵なお家に変身するんでしょうね!

    楽しみです!

    K様邸は解体から密着させていただいているので、解体から新築の家ができるまでを

    しっかりお伝えできればと思っています。