• 高気密高断熱の家でも結露が発生しにくい断熱窓とは?

    cat-2765665_640

     

    高気密高断熱の家にするメリット

    『高気密高断熱の家』最近よく耳にされる方も増えてきたと思います。

    昨今で家を建てるとなった場合に、住高気密高断熱化は住宅において重要なキーワードになってきました。

    温かい家なら安心して健康に過ごせる

    その理由として、暖かい家と寒い家では、病気の疾患率、血圧やコレステロール値、心電図など様々な項目で明らかな差が認めらたことが国交省から報告されたからだと予測されます。

    宅内の温度差によって血圧の急な昇降を繰り返し、失神する場合があります。これをヒートショックと呼びます。

    実は、ヒートショックによる死亡やケガの多さは想像以上で、実際、高齢者の入浴時の溺死者数は年間交通死亡事故の2倍以上と言う報告が消費者庁からも出ているのです。

    高気密高断熱の施工例と選ぶべき断熱窓の性能

    では主に高気密高断熱の家とはどのような施工で作れらえているのかを説明します。

    高気密の家の施工は、工場生産の精度の高い建築部材や、防湿シート、断熱材、気密テープなどを使ってできるだけ隙間をつくらないようにして建てられています。

    外の空気の温度は壁や窓を通して家の中に伝わってくるので断熱性能が十分ではない家の場合、冬は寒く、夏暑くなってしまいます。

    そこで、外壁と内壁の間に断熱材を入れたり、断熱性の高い窓を採用して断熱性能を高めているのが高断熱の家の施工となります。

    高気密・高断熱な家は、冷暖房で快適な温度にした室内の空気が逃げにくく、外の寒さや暑さの影響を受けにくいので、効率よく温めたり冷やしたりすることが可能です。

    省エネで光熱費を抑えることができ、家の広さや間取り次第では、エアコンや暖房器具の台数が少なくても快適に過ごすことができます。

    冬の気温がマイナス10度まで下がるのが当たり前の北海道でも、高気密高断熱の家ならストーブ1台で家中があたたまるほどエネルギーの効率が良いのです。

    高気密高断熱の家の悩み

    rain-2804677_640

    冬は暖かく夏は涼しい、快適な高気密高断の家でも施工法に注意しなければ逆に結露を発生させる原因になってしまう事があります。

    外断熱と内断熱

    ●外断熱…外断熱とは、家の柱と壁の間に断熱材をおき断熱を行う施工法です。断熱材は、家全体をくるりとひと続きで覆う形になります。建物全体を断熱材で包み込んでいるので気密性が高く、柱などの構造体を保護できるのも外断熱のメリットの一つです。

    ●内断熱…内断熱は、外壁と部屋の壁との間、天井や床下に断熱材を設置する断熱施工法です。内断熱の特徴は、外壁に影響がないことです。外断熱と違って、柱のあいだに断熱材を設置するので外壁が厚くなることはありません。都会などの狭小地でもデザイン性を損なうことなく、断熱をすることができます。また、外断熱よりも費用が安いというメリットもあります。

    高気密高断熱で重要なのは計画換気

    24時間制の換気システムを取り付けるのが義務となっている高気密高断熱の家では「計画換気」が重要になります。

    壁体内の結露防止のためには、換気が欠かせません。

    しっかりと換気をすることで、たくさんの湿気が壁の中に入ってしまうことを防ぎ、結露を起きにくくしてくれます。
    計画どおりに換気を行うためには、「高い気密性」が要になります。

    断熱性と気密性、そして計画換気。すべてが揃ってようやく安心して健康に過ごせる高気密高断の家となるのです。

    世界トップクラスの断熱窓「APW430」

    cup-939479_640

    外側の空気と内側の空気の温度差が大きければ大きいほど、湿気が結露として発生する確率が上がります。

    冷たい飲み物が入ったグラスに水滴が付くのと同じ仕組みです。

    2重グラスに同じように冷たい飲み物を注いだ場合、水滴がつかないのは、ガラスの間に空気の層ができ、温度が伝わりにくくなるからです。これが断熱効果になります。

    これがもし3重なら?

    世界トップクラスの断熱窓と言われる「APW430」は何とガラスが3重になっており、完全に外気をシャットアウトしてくれます。

    冬は外の空気が入り込んできたり、部屋の暖かい空気は漏れることもありませんし、夏は涼しい空気が太陽の日差しの影響で温度が熱くなることもありません。エアコンで保つ気温のまま快適に過ごせます。

    窓の温度が外気に左右されないということは結果的に結露ができにくい窓とイコールになるのです。

    ゼロから快適な住まいを造るには様々な知識が必要になります。

    自分で調べても家を建てる環境などによっては全く適用しない場合もあるので、そんな時はプロに相談する事をお勧めします。

    注文住宅・高気密高断の家についてのご相談はタウンズホームまで

    ▼タウンズホームへのお問い合わせはLINE@が便利です!
    (お問い合わせ方法)
    1)以下のバナーから公式LINE@に登録
    2)メッセージで質問を送信
    3)メッセージ確認後、担当がご返信いたします
    ※毎週水曜、隔週火曜定休
    ※営業時間10時〜17時

    友だち追加