• 通路を挟んで左右に建てる「完全分離の二世帯住宅」  ~スイス漆喰の外壁~ 【藤沢市K様邸・打ち合わせ編】

    みなさんは二世帯住宅と聞くとどんな家をイメージされますか?

    一般的な二世帯住宅は二階建てもしくは三階建てで、1階が親、2階より上は子・孫世代の居住スペースというイメージが湧きますよね。

    もしその二世帯住宅が縦ではなく横に建てるとしたら?

    真ん中ピロティーを挟んで左右対称!!完全分離の二世帯住宅

    何とも興味深い二世帯住宅を注文住宅でご計画されているK様。

    今回はK様低の打ち合わせ風景をご紹介します。

    打ち合わせは午前と午後にわかれ、本日は東京から来られる息子さん家族が午前・午後がご両親です。

    息子さん家族はお子さん3姉妹!打ち合わせ中は姉妹で別室にてビデオ鑑賞♪

    P1240104 P1240102

    午後はご両親。画像を確認しながらの打ち合わせも終盤です。この日はなんと雪!でしたが、無事打ち合わせ終了。

    これから引っ越し・そして解体・着工です。

    出来上がりが楽しみですね!

    まだまだイメージが湧きませんが随時、家づくり奮闘記でしっかり追っていきますのでお楽しみに♪

    白さのキープ力が断然違う!『スイス漆喰』とは?

    スイス外壁

    K様邸のもう一つの見どころは外壁。

    『スイス漆喰』を外壁にお選びいただきました。

    スイス漆喰はスイスの地層から取れた石灰を使います。

    アレルギーを引き起こす化学成分を一切含まず、化学物質や添加剤を加えた、日本で現在使われる漆喰とは、違い100%天然成分の漆喰です。

    吸放湿性、断熱性、防火性にも優れており、内外装の建材として使われいます。

    スイス漆喰の最大の特徴は白さのキープ力!

    汚れを自然の力で浄化する力(自浄作用)があるので、かなり長期間に渡って白さを保つことができ、メンテナンス費用を抑えることができます。

    さらに耐久性が強いことでも知られるスイス漆喰はCO2を吸収し硬化する「再石灰化」によって元の石灰石へと還るため、時間が経つほどに硬度が増していき、頑丈な壁に育ってくれるのです。耐久性は100年以上と言われるほど。

    スイス漆喰と相性の良い環境

    耐久性と白さが特徴のスイス漆喰ですが、特徴を最大に発揮させる環境が

    以下の4点です。

    1.日が当たる

    2.乾燥している

    3.油汚れしない場所

    4.雨だれが常時かからない場所

    逆を言えば上記の環境でない場合、耐久性が悪くなったり、クラック現象や雨だれが目立ってしまう可能性があるので、スイス漆喰をご検討の際には環境的に適しているかどうか一度プロの目で判定してもらうことをおすすめします。

    タウンズホームでは満足のいく設備・デザインの注文住宅を提供

    タウンズホームではこだわりの設備やデザインを予算に合わせてやりたいことを実現させる新築戸建てをお手伝いさせていただきます!

    ▼タウンズホームへのお問い合わせはLINE@が便利です!
    (お問い合わせ方法)
    1)以下のバナーから公式LINE@に登録
    2)メッセージで質問を送信
    3)メッセージ確認後、担当がご返信いたします
    ※毎週水曜、隔週火曜定休
    ※営業時間10〜19時

    友だち追加