• トイレのセルフメンテナンス

    トイレに関する「困った!」な事例を集めました。ご自身で対処されるときの参考にしてくださいね!

    トラブル1:トイレの水が止まらない!

    トイレの水が止まらないと焦ってしまいますが、落ち着いて作業を行いましょう。

    止水栓を閉める

    水が止まらないときは【止水栓を閉めて水を止める】という作業からすべては始まります。止水栓を止めたあと、落ちついて対処していきましょう。

    ph03_v01

    水栓トイレのタンクを開ける

    水洗トイレのタンクはレバーをひねることによって水が流れますが、レバーをひねると浮きゴムという“フタ”が開き、タンク内の水が流れるようにできています。
    タンク内の水が減っていくと、水に浮いている浮き球が下がり、ボールタップ部分が作動して新たな注水がなされ、浮き球が所定の高さまで上がってくると水が止まるしかけです。このように複数の部品が連動しているため、どの部品に問題があるかをチェックする必要があります。

    ※パナソニックの最新型トイレ「アラウーノ」は、水を溜めるタンクの付いておらず、節水効果抜群の【タンクレス】トイレです。

    ph03_v02

    状態1:浮きゴムに固形洗浄剤がはさまっている

    状態2:浮きゴムがはずれている

    所定の位置に浮きゴムをセットします。
    老朽化しているようであれば、ホームセンターで新品を購入し、新しいものに取り替えます。

    状態3:鎖が浮き球にからまっている

    状態4:浮き球のアームが折れている

    単に浮き球のアームがはずれている場合は、アームをねじ込めば直りますが、浮き球のアームが折れている場合はご自身での修理は困難です。
    お使いの商品のメンテナンス窓口または専門業者に修理を依頼しましょう。

    状態5:一見して原因が分からない

    状態1~4のどのケースにも当てはまらない場合は、ボールタップ弁のなかのパッキンが磨耗している可能性があります。この場合も、お使いの商品のメンテナンス窓口または専門業者に修理を依頼しましょう。

    トラブル2:水の出がよくない

    まずは汚物を流す

    バケツに水を汲み、便器内に残っている汚物を流します。汚物を流してからじっくり点検しましょう。

    水栓トイレのタンクを開ける

    タンクを開けて水の溜まり具合を確認します。

    状態1:タンク内に水が溜まっていない場合

    断水していないかチェック

    水道の蛇口をひねり、断水していないか確認します。

    止水栓をチェック

    止水栓は硬貨などでも回せるので、お子さまがいたずらすることもあります。止水栓を反時計回りに回して開けてみましょう。

    浮き球が引っかかっていないかチェック

    浮き球や浮き球のアームが引っかかり、水が溜まらない可能性があります。取り付け位置を調節してみましょう。

    上記3つのどれでもない場合

    お使いの商品のメンテナンス窓口または専門業者に修理を依頼しましょう。

    状態2:タンク内に水が溜まっている場合

    タンクからの排水ができていない可能性があります。レバーと浮きゴムをつないでいる鎖が切れていないか確認してください。
    鎖が切れていると、浮きゴムが上がらず、排水されません。ホームセンターで鎖を購入し、交換しましょう。
    ※応急処置として、針金やビニールのひもで代用することもできます。

    便器内がつまってしまい水が流れない

    止水栓を閉める

    便器がつまると慌てて何度も水を流してしまいがちですが、便器から水が溢れる危険性があります。まずは止水栓を閉め、便器内に水が流れないようにしましょう。

    ラバーカップで吸引する

    便器の排水口に空気がもれないようにラバーカップを軽く押しつけて吸引します。一度の吸引でつまりが取れない場合は、同じ動作を数回繰り返します。
    あまり力を入れると汚物が飛び散ってしまうので慎重に行います。

    軽く押しつけただけではつまりが取れない場合には、力を入れて吸引を行います。
    この場合、汚物が飛び散ることがありますので、大きなビニールに穴をあけてラバーカップを通し、ビニールが便器全体を覆うようにセットします。

    t

    力を入れてもつまりが取れないようであれば、お使いの商品のメンテナンス窓口または専門業者に修理を依頼しましょう。

    水を流します

    つまりが取れたらバケツに水を汲んできて少しずつ流しましょう。
    汚物が流れたら、止水栓を空けます。

    ラバーカップはいざというときすぐに使えるよう、取り出しやすい場所に保管しておきましょう。