• 注文住宅の失敗談から学ぶ!抑えておくべきポイント

    誰もが憧れるマイホーム。

    自分たちが思い描いていた通りの家を建てたい!そう考えたときに選択肢として浮かぶのがやはり『注文住宅』ですよね。

    隅から隅まで自分たちの好きを詰め込んで、暮らしやすい空間を造る。

    ただし、見た目やセンスを優先しすぎて、家なのに不便な思いをしてしまうなどの注文住宅ならではの失敗ももちろんあります。

    今回は注文住宅の失敗談から抑えておくべきポイントを学んでみましょう!

    満足いく注文住宅を建てるなら失敗談から学べ!

    kitchen-2165756_640

    注文住宅で失敗しがちな箇所

    注文住宅を建てた後に「失敗した!」と思う点が下記の5点です。

    ■収納の数や場所
    ■各部屋の広さと数
    ■動線が悪い
    ■コンセントの場所
    ■暑さ・寒さ対策

    収納の数や場所

    中でも、断トツで多いのが収納の数や場所を失敗した!と思う方が多いようです。

    失敗する原因として、打ち合わせの段階で間取りを確認する際に、広さが帖や坪数で書かれていることが多く、帖や坪数で書かれていても実際の広さがどのくらいか想像できない人が多いのが原因にあるようです。

    帖や坪の実際の広さを把握し、さらに収納家具を置く場所を考えてから間取りを考えると失敗しにくくなるでしょう。

    各部屋の広さと数

    次に多いのが部屋の広さと数についてです。

    部屋の広さは収納の時と同じで、間取りでは帖や坪数はわかりますが、実際に家具を置いてみると部屋が狭く感じることがあるようです。

    モデルハウスなどでは必要最低限の家具しか置いていないので、実際に生活をするとなると何が必要なのか、部屋の用途と必要な家具の配置を決めてから間取りを考えると良いでしょう。

    また部屋の数も同じで、多ければ良いというわけではありません。

    結果的に物置になってしまったという部屋であったり、逆に少なすぎて使い勝手が悪いなどの失敗例もあります。

    部屋の数や広さを決める際には、できる限り将来的な家族設計と部屋の用途を明確にしておく事が重要です。

    動線が悪い

    家の中の動線を考慮することは、毎日の家事負担に大きく影響を与えます。

    例えば、洗濯機から洗濯物を干す場所までの動線、やキッチンからそのままごみを外に出せるなどの動線です。

    もしお年を召した方と同居する場合は寝室からトイレ、お風呂までの動線なども考える必要があります。

    まずは家族全員の動線を図面に実際に書き込んでみるとわかりやすくなると思います。

    コンセントの場所

    意外と見落としがちなのがコンセントの場所です。

    コードレスの家電やスマホをはじめ、ポータブルの便利アイテムが多い現代の生活でも充電が必要な時は必ずコンセントが必要となります。

    家を建てて生活が始まってからコンセントの数が足りず、延長コードがないと家電が使えない、家具を置くことを考えずにコンセントを配置したので使いたい家電が使えなくなったなどの失敗例があります。

    ですので、コンセントの位置を決める時は、使いたい家電をどこに配置するのかを考えてから決めると良いでしょう。

    暑さ・寒さ対策

    デザインや間取りの計画に集中しすぎて、暑さ・寒さ対策を怠ってしまったケースもあります。

    例えば、採光を良くしたくて大きな窓を作ったら、夏場は日が当たりすぎて暑く、エアコンも効きが悪くなってしまったり、暖気が上に向かうことを知らないままリビングに階段を設置してしまい、冬場に暖房を入れても温かい空気が全て上階に逃げてしまうなど。

    暑さ・寒さ対策で注意したいのは季節や時間帯ごとの日差しの入り方暖気が上に向かうことを考慮したうえで設計を考えるのが重要になります。

    注文住宅を建てる時のポイント

    money-2724235_640

    上記の失敗例をもとに、さらに注意しておきたいポイントを抑えておくと良いでしょう。

    • ・間取り作成にかかる費用
    • ・自分で間取り図を書いてみる
    • ・営業マンが書く間取りは信用し過ぎない
    • ・デザインがこだわり過ぎてが売る時に値がつかないことを考慮して設計する

    湘南で注文住宅を建てるならタウンズホームにお任せください!

    抑えておくべきポイントはたくさんありますが、住みやすい空間づくりのための膨大なデータを蓄積しているの工務店やハウスメーカーの強みです。

    タウンズホームでは住人の動きをシミュレーションして正確な動線を割り出し、間取りや構造を決めています。ですから生活しやすい家の提案ができるのです。

    住居・店舗兼住宅の設計から建築まで、タウンズホームにすべてお任せください!

    お気軽にお問い合わせください。

    ▼タウンズホームへのお問い合わせはLINE@が便利です!
    (お問い合わせ方法)
    1)以下のバナーから公式LINE@に登録
    2)メッセージで質問を送信
    3)メッセージ確認後、担当がご返信いたします
    ※毎週水曜、隔週火曜定休
    ※営業時間10〜17時

    友だち追加