• キッチン共有・一部共有型プランの二世帯住宅を建てる際に抑えるべきポイント 

    59fec34a8895d25eae8e630539daf4e2_s

    共働きで子育てを手伝ってほしい、老後の心配や孫の成長を身近で見れるなど、子世代、親世代の両方にメリットがある二世帯住宅での暮らし。

    もし、二世帯住宅を検討されている方ならどんな二世帯住宅で生活するのが良いのか、メリット・デメリットが気になりますよね。

    今回は一部共有プランの二世帯住宅について解説していこうと思います。

    二世帯住宅は3つのタイプに分かれる

    二世帯住宅には大きく3つのタイプに分かれます。

    • ・完全同居プランの二世帯住宅
    • ・一部同居プランの二世帯住宅
    • ・完全独立プランの二世帯住宅

    完全同居プランの二世帯住宅

    一つ屋根の下で暮らす、住宅のすべてのスペースを共有します。

    キッチン、浴室、玄関など設備を完全に共有。寝室は別で設けるだけで、リビングダイニングなど日中過ごす空間がはほぼ一緒になります。

    メリット…コミュニケーションがとりやすい、緊急事態の時にも誰かが近くにいてくれる、お互いに助け合って生活ができる、光熱費や建設費を節約することができる。

    デメリット…プライバシーがない、生活のリズムが違う場合、気を使わなければならない。

    一部同居プランの二世帯住宅

    玄関のみの共有、またはキッチン・リビングを共有する、など住宅の一部だけを二世帯で共有します。

    メリット…完全道教型とメリットに加えて、適度にプライバシーを守ることができる、共有する設備、スペースをそれぞれ検討することで二世帯間で無理のない快適な生活を保つことができる。

    デメリット…共有スペースを使う時間帯が同じ場合に共有スペースに全員が集中してしまう。

    完全独立プランの二世帯住宅

    一つ屋根の下に居ながら、全て別々に設計された二世帯住宅です。玄関も別であるため顔を合わせることなく「お隣さん」のような感覚で生活ができます。

    メリット…プライバシーが守られる、完全に別々の生活をしているので、気を使うことがない。また将来的に賃貸として貸すことができる。

    デメリット…建築の際にコストがかかる。光熱費も全て別々になるのでコスト的な節約には繋がらない。

    一部共有・キッチン共有で光熱費を節約

    tap-791172_640

    一部共有プランの二世帯住宅を建てるなら、やはり光熱費と建築費を削減できるように水回りやキッチンを共有スペースにすることをお勧めします。

    寝室やプライベートを保ちたいところはしっかり分離することで、毎日一緒に過ごしていたとしても気を使い続ける必要がないので安心です。

    親世代と子世代で共有スペースはどこにするのか、生活リズムを確認しつつしっかり話し合いをして、決定すると良いでしょう。

    ほどよく同居が安心

    一部共有プランの二世帯住宅を建てた方は、キッチン、お風呂、玄関、リビングを共有することが多いようです。

    キッチンやお風呂を共有スペースにするのはコスト削減につながります。もしお風呂が二つあると掃除が大変ですよね。ただし、洗面台はダブルボール仕様にすると混み合わずに使えるというメリットがあります。トイレに関しては、共有すると時間帯によっては集中してしまう状況もあるので、別にする方が多いようです。

    二世帯住宅もご相談ください!

    いかがでしたでしょうか、子世代と親世代の仲が良い場合は子育てを一緒にできますし、様々な点で助け合いができるので安心ですよね。

    二世帯住宅を検討されている方には「ほどよく同居」が負担する部分も少ないのでおすすめです。

    それでも、「どんな間取りが理想なのか、暮らしやすい二世帯住宅を建てたくても何から決定したら良いのかわらない!」という方、ご安心ください。タウンズホームでは様々なプランタイプの二世帯住宅を建ててきた実績があります。

    お気軽にお問い合わせくださいませ。

    ▼タウンズホームへのお問い合わせはLINE@が便利です!
    (お問い合わせ方法)
    1)以下のバナーから公式LINE@に登録
    2)メッセージで質問を送信
    3)メッセージ確認後、担当がご返信いたします
    ※毎週水曜、隔週火曜定休
    ※営業時間10〜17時

    友だち追加