• 通路を挟んで左右に建てる「完全分離の二世帯住宅」【藤沢市K様邸・基礎着工編】

    K様邸・地盤調査の結果は「改良なし!!」・・・・良かったです~~。判定結果がでるまで毎回ドキドキします。ほっとした所で延床面積約80坪の基礎着工です。Σ(・□・;)画面いっぱいいっぱいです!! お伝えするのも楽しみですが、今から工程含め完成するのが何より楽しみ。(^▽^)/

    K様邸はもともと広~いお庭で、たくさんの植物を育てておりましたが、これから二世帯住宅建築の為、敷地を整えてからの基礎着工です。延べ床面積約80坪の基礎!!画面で大きさはなかなか伝わらないですが、やはり・・・・おっきい!!通常のお宅の2倍・2ば~~~いです!! 古!! ✌

    まずは「やり方」・・基礎や建物の正確な位置を測るための基準点となる造作物が設けられます。

    そして「表土の鋤取り・根切り・砕石の敷き込み・転圧」の作業へと進みます。

    「防水シート」の作業へ

    鎮め物もしっかり納めさせていただきました。

     

    捨てコンクリート施工」

    そして翌日から鉄筋を組む作業が始まりました。まずはベタ基礎のスラブ(床)部分に鉄筋を組んでいきます。弊社の基礎は構造計算により通常の基礎より「密」なので、お客様にとったら何より安心ですが、職人にとったら・・「泣かせの基礎」なんです。( ;∀;) もちろん「地中梁」もあります!

    見てみてください!!!!!!!   ねっ!!!!!

    「配筋検査」・・設計図通りの配筋がされているか図面と施工現場でのチェックです。チェックポイントを細かく確認します。

    配筋検査OK!→ ベース・立ち上がりのコンクリート打設

    乾燥するまでそのまま・・・・

    乾燥したら、型枠を外して基礎完成です。・・・・やっぱりいつみても大きい!! 👀

    次回は上棟です。が・・・3日間かけての上棟になります。お楽しみに!!

    その前に土台敷きもご紹介しますね。