• 川辺から心地良い風が入ってくる三世帯和モダンの家Vol.3【平塚市A様邸】家づくり奮闘記:お引渡し編

    奥様が生まれ育った家の建て替え。平塚市A様邸、いよいよお引渡しです。

    A様邸見どころポイント

    見どころその1:和モダンな建具

    A様邸は、建て替え前の家で長年ひとり暮らしをされてきたお母様、娘さんご夫婦、お孫さんの3世帯が暮らす家。
    大人ばかりが暮らす家ですので、シックで落ち着いた雰囲気の和モダンを多く取り入れました。

    hiratsuka_a (16)
    hiratsuka_a (15)
    hiratsuka_a (7)
    hiratsuka_a (8)
    hiratsuka_a (2)
    hiratsuka_a (3)
    hiratsuka_a (5)

    ビビットな印象の黄色いシステムキッチン。
    少々派手すぎるのでは?という意見もあったようですが、なんのなんの。
    和モダンの雰囲気に見事にマッチしています。

    「これなら上の棚や背面のカップボードも黄色にしても良かったかも・・・」と奥様。

    ちょっと冒険かもしれませんが、確かに黄色をもっと取り入れてみても良かったかもしれませんね。

    そしてキッチンの床下には、2連タイプのスライド式床下収納を設置。
    梅酒の樽や糠床などを保管されるのでしょうか。収納された状態を見てみたいです。

    hiratsuka_a (19)
    hiratsuka_a (18)

    見どころその2:注文住宅ならではの贅沢なクローゼット

    二階は奥様と娘さんの居室がメイン。

    ひとつは8帖の洋室に約3帖分のクローゼットを2つ並べて設置。

    もうひとつの部屋は、7.5帖の洋室に1帖に満たないくらいの普通サイズのクローゼットと隣に3.7帖のクローゼットを設置。
    大きいほうのクローゼットには、箪笥がそのまま入るそうです。

    注文住宅ならではの贅沢なクローゼットが完成しました。まだ何も収納されていない状態なので、まるで隠し部屋のようです。

    ▼3帖分×2つ並んだクローゼット

    hiratsuka_a (14)

    隠し部屋のようなクローゼット

    hiratsuka_a (10)
    hiratsuka_a (11)
    hiratsuka_a (12)

    玄関に手すりを設置

    手すりを使われるお父様の背の高さにあわせて、玄関やトイレに手すりを設置していきます。

    hiratsuka_a (21)

    hiratsuka_a (22)

    ついでにダイソン置き場も設置!

    hiratsuka_a (23)

    リビング隅のいい感じの位置に収まりました。

    hiratsuka_a (27)

    パナソニック専任説明員による設備説明

    IHコンロ、換気扇、バストイレ等、パナソニック製品の使い方を専任説明員が説明してまわります。
    大量の取扱説明書をお渡ししますが、ちょっと読む気になれないほどの量ですので、迷うことなくすぐに使い始められるよう、ポイントを押さえて説明いたします。

    hiratsuka_a (20)

    営業担当による重要書類のご説明

    営業担当より、構造計算書・確認申請書・各保証書などの重要書類の説明を行います。

    hiratsuka_a (24)

    現場監督によるドアキー交換と使い方のご説明

    お施主様立ちあいのもと、建築中に職人さんたちが使用していた工事キーを本キーに交換。その後、カードキーの登録を行います。
    慣れないカードキーを不安がるみなさま。大丈夫です!慣れればスムーズにご利用いただけます。

    hiratsuka_a (25)

    A様完成おめでとうございます!

    お母様が帰り際にポツリと一言。

    「この家も賑やかになるわ、30年ずっとひとり暮らしだったから」

    ご主人が早くに亡くなられ、広い家にずっとひとりでお住いだったお母様。
    古い家を建て替えられて、三世帯が暮らす家へと生まれ変わりました。

    これから賑やかな新しい暮らしが始まります。

    「家づくり」は、単にご要望どおりに家を建てるだけではなく、お施主様の新しい暮らしをお施主様と一緒に作り上げる仕事。

    A様の新しい暮らしづくりに関わらせていただけたことを嬉しく思います。

    お引き渡し当日には、娘さんが仕事でご不在でしたので、また、外構工事が完成した頃にご家族集合写真を撮りに伺います!
    今後ともどうぞよろしくお願いいたします。