• 床下冷暖房システム「エアフォーム」採用でどこにいても家族の気配を感じられる家Vol.1【藤沢市M様邸打ち合わせ編】タウンズホームの注文住宅

    藤沢市M様邸、打ち合わせの様子をレポートします。

    1階に床下冷暖房システム「エアフォーム」を設置するM様邸。
    各部屋1台ずつの空調設備を必要としない「エアフォーム」を取り入れたからこそ実現する、ちょっと面白い間取りができあがりそうです。

    床下冷暖房システム「エアフォーム」についてはこちら

    65qyyR1gd7q1E9p1548312425_1548312507

    O_BF8XhU8IAxlTB1548312538_1548312583

    家を建てる理由

    子育て世帯ならではの思い

    ご夫婦と4才になる娘さんと3人暮らしのM様。
    現在は、眺めの良いマンション暮らしですが、小さいお子さまがいると、マンション住まいはなにかと気を遣うもの。

    やはり一軒家がいいかも・・・と考えていたところ、奥さまのご実家近くに土地を見つけて購入。現在は育休中の奥さまが職場復帰されたときに、実家のサポートを受けられるのは心強いですよね。

    エアフォームを設置で実現する設計プラン

    ドアが少なく、どこにいても家族の気配を感じられる間取り

    当社の大磯モデルハウスで「エアフォーム」をご体感いただき、導入を決められたM様。
    「エアフォーム」の室内機は1台だけ。

    温風(夏は冷風)が、各部屋へと通じる床下ダクトを通り、各部屋の吹き出し口から出てくるので、部屋を閉め切る必要なし。

    この「エアフォーム」のメリットを最大限に活かし、M様邸1階には、ほとんどドアがありません。
    玄関を上がり、リビングに向かうまでの空間もドアなし、廊下もなし。
    10帖のリビング、11帖のダイニングキッチンのあいだにも仕切りを設けず、広々とした21帖ものLDKに。どんなリビングになるのか楽しみです。

    リビングからもダイニングからも出られるデッキ

    リビングとダイニングの両方に隣接した位置に4.5帖のデッキを設置。どちらからも外に出られます。窓を開け放せば、リビングダイニングとつながる空間に。LDK+デッキで25.5帖の空間が広がります。

    どの部屋にも行けるフリースペース

    2階の中央部分に階段とフリースペースを設置。フリースペースを中心に、夫婦の寝室、子ども部屋、ゲストルーム、ファミリークローゼット、バルコニー、トイレがぐるりと囲んで配置され、フリースペースには各部屋へとつながる扉があります。

    家事効率をアップするファミリークローゼット

    各居室にはクローゼットを設けず、代わりに4帖のファミリークローゼットを設置。家族全員分の衣類や荷物を収納するスペースです。子ども部屋と廊下の両方にドアをつけました。
    3帖のバルコニーに洗濯物を干し、隣接するフリースペースで洗濯物を畳み、ドアを開けた先のファミリークローゼットへと衣類をしまう。家事を短縮する動線です。

    まとめ

    床下冷暖房システム「エアフォーム」を導入したことで、冷暖房の効率を一切気にせず、廊下を作らずにドアを極力減らした間取りのM様邸。

    建築の様子は当ブログでご紹介してまいります。お楽しみに!

    ▼土地探しや家づくりに関する最新情報をお届け!タウンズホーム公式LINE@はこちら
    友だち追加