• 電気配線工事です

    茅ヶ崎市S様邸です。

    壁をつくるための下地作業が進んでいます。

    この、間に張られている板は胴縁(どうぶち)といいます。

    胴縁というのは壁の板張りやボード張りなどを受けるための下地部材です。

    この上に壁が組まれていくのです。

     

    そしてこの青い四角のロゴの入ったシートは透湿防水シートです。

    読んで字の如く防水シートです。

     

     

    では、今回は電気配線工事の様子を見てみましょう。

    ~絶賛作業中~

    壁を作る前に、電気屋さんにより配線工事が実施されます。

    デリケートな作業なので、慎重に…

    こちらも慎重に作業を伺います…

     

    こういうコードを壁の中に這わせます。にょろーん

     

    そしてこのように線が通っていくのです。

     

    通った先にはこのように黒いケースがつきます。

    壁が這われたときに、この黒いケース部分が

    家庭でおなじみのコンセント穴になります。

     

     

    配線も終わり、次回は施主ご一行様配線確認ツアーの様子をお知らせします!