• 通路を挟んで左右に建てる「完全分離の二世帯住宅」vol.7【藤沢市K様邸・屋根葺き工事から断熱工事編】

    K様邸、上棟後、まず室内は大工さんにより「筋交い(すじかい)」の設置工事です。

    「筋交い(すじかい)」とは柱と柱の間に斜めに交差する木材の事で、構造をより強固に補強します。その筋交いは構造計算により「片筋交い」や「両筋交い」の部分があり「筋交いプレート」と言う部品で取付けを確実にし、地震時等に筋かいのずれや引き抜きを防止してるんです。

     

    そして並行して屋根屋さんが「屋根下葺き(ルーフィング)」施工をします。

    上棟の時は「野地板」までの工事でしたが、その屋根の構造板「野地板」の上に「ルーフィング」と言う、屋根より内部に侵入してきた水を軒側に流し、野地板の劣化や室内への水の侵入を防ぐ防水シートの施工です。

    野地板の状態

    ルーフィング施工後

    気が付きましたでしょうか?ルーフィングは下から上へ施工します。下から上へ施工する事で野地板への水の侵入を防ぎます。

    外壁が張られる箇所は、ルーフィングを立ち上げ、より室内への防水を強固なものにしていきます。

    ルーフィング施工がすべて終わると屋根施工です。

    k様邸の屋根は「ガルバニウム鋼板」です。「ガルバニウム鋼板」とはアルミニウムと亜鉛合金で構成され、軽量・頑丈で施工性が良く最近は人気ある屋根材ですね。

     

     

    そして建物周りには「透湿防水シート」水は通さないが、湿気は通す性質をもつシートが施工され、「玄関ドア」「窓」が取り付けられます。

    高気密高断熱にこだわるK様邸窓は「樹脂×樹脂」YKK・APW330を使用。

    そして外壁には「胴縁」が施工されました。胴縁とは、透湿防水シートの上から厚さ15mm程度の木材を打ち付け、外壁材の間に「空気が流れる層(通気層)」を作ります。「外壁通気工法」と呼ばれていますがほんの少しの空気層ですが壁内での空気が流れ、水蒸気の発生を抑え、常に乾燥した状態に保ち、木造躯体を長持ちさせる大切な空気層になります。

    この後外壁施工になります。

    そして断熱工事です。

    K様邸は気密の高い吹付断熱です。2世帯をそれぞれ車2台で施工されました。

    朝8:00前より始まり、まずは、養生から

     

    気がつきましたでしょうか?弊社の場合は「むら」がないように柱の厚みまで吹いて、柱の厚みにそろえて削っていきます。

    そして2日間かけてすべて吹き終わりました。

     

    次回は外壁施工です。K様邸の外壁は「カルクウォール」と言う塗壁になります。

    お楽しみに!!!。