• 藤沢市S様邸・配筋検査→上棟・お清め!

    テクノストラクチャー工法は、木と鉄の複合梁(テクノビーム)が

    有名ですが、実は基礎も建物同様、一棟一棟構造計算をし

    地盤の地耐力や建物の間取りに応じて基礎の形状や仕様、鉄筋の配置・寸法を決定しています。

    自重だけではなく地震などの水平荷重に対しても最適な鉄筋が配置し強度を確保し、

    構造計算の結果によっては、中央部分にも根入れをして地中梁を設けてさらに強い基礎にします!

    P1200135 P1200140

    P1200144 P1200141

    配筋検査です。鉄筋がきちんと組みあがっているか図面どおりに仕上がっているかどうか厳しいチェック

    をします。→ 問題なくOKです。そしてコンクリートを流します。

    P1200129 P1200203

    とその前に地鎮祭の時に神主さんからいただいた鎮物、覚えていらっしゃいますか?

    コンクリートを流す前に建物中央に無事奉納させていただきました。

    P1200034 P1200035

    基礎も完成し、枠を外し土台を引いたら上棟です。

    P1200317 P1200320

    P1200359 P1200375

    P1200369 P1200377

    P1200379 P1200386

    P1200390 P1200396

    P1200406 P1200412

    P1200417 P1200440

    お清め。

    P1200430 P1200431

    年明けから完成にむけ本格的に工事が始まります。