• 注文住宅ー秦野市・眺望にこだわったコンセプトは「黒の家」上棟です

    秦野市O様邸上棟です。その前に上棟に備えて建設用足場が設置されます。とそこで、足場が電線に近すぎ!!!! 危ない!!!

    大丈夫です。前もって東京電力に「防護管設置」の依頼をし、事故がないように「防護管設置」して頂きました。街なかで時々見かけますね。

     

    防護管設置完了です。土台敷も順調に進んでます。この土台、今は手作業より技術的な精度が良く、作業の大幅な省力化も図ることができる「プレカット」され現場に届きます。そして、バラバラに置いてあるように見えますが、違うんですよ。ちゃんと一本一本に「振ってある」通称「番付け」によってその場所に設置してあるんです。この後「基礎パッキン」(床下に湿気が溜まらないように、又、土台の劣化やシロアリ被害等を防止する効果を果たす通気ゴムパッキン)が敷かれ土台を設置し「完成」です。

     

     

    上棟当日は・・・天気よくなかったですね。今年は突然の豪雨でこの日も降ってました・・・。秦野の街並みもかすれてます。・・残念

     

     

    夕方には雨も上がり、お清めです。

     

     

     

    最後に一本締めにて、無事上棟となります。本日はおめでとうございます。

    完成に向けて工事が進んでいきます。(早く防水紙とサッシ設置したい!!)