• 検査と検査

    寒川町M様邸工事は躯体工事が進行してます!

    建物の軸となる躯体工事はとても大切です

    そこで行われるのが2つの検査!!

    第三者の目で躯体の適正を検査します

    まず1つめがPanasonicテクノストラクチャーの施工検査です

    Panasonic本社から検査員さん・・Kさんは検査で使う専用工具を持参

    重い荷物とともに電車、バスを乗り継ぎ現場へと検査に来られます!

    PAP_0135PAP_0128

    ↓↓ビームと柱の接合に使われる

    ドリフトピンとほぞ金具などは目視だけではなく 専用工具でピンの頭をたたき取り付けの有無を

    確認(2重のチェック)が行われます

    テクノストラクチャー工法は施工認定店のみができる施工法のうえ

    施工基準と品質の確保を義務付けられています !!

    例えば接合金具と取付箇所 ビス、ボルトの留め付けの有無はもちろんですが

    それらを留め付けている金物の留め付け力も確認されます

    時間をかけて見落としなくそして厳しい検査が行われます

    PAP_0147PAP_0150

    そしてもう一つ!建築現場品質チェックも同時に行われます

    チエック項目は・・↓以下の表の通り

    適切な現場維持がされているかどうか 10項目が記されてます!(現場証拠写真も)

    P1230180P1230179

    例えば・・現場は土足厳禁で出入り口に泥除けマット等が設置されている ○×で採点され

    合計10点満点で合格です!当社タウンズホームは施工方法と現場維持管理の両方を

    重欠点無し率100%を達成!!し

    ↓ 栄光のハウジングコンテスト(施工部門)にて入賞ゴールドメダルをいただきました!!

    https://www.towns-home.jp/event/contest.html

    検査日の大工さんは検査のじゃまにならないように・・と現場作業を配慮してくれます

    G大工さん ↓ 24時間換気システムが取り付けられる(給気口)下地つくりを行っています

    PAP_0144PAP_0152

    無事テクノストラクチャー施工検査と現場品質チェックは指摘事項なし もちろん合格をいただきました

    G大工さんと現場監督にとって 検査日は特に身が引き締まる思いのようです・・

     

    続いては第三者検査機関による構造検査の様子です

    この検査は国の定めた 瑕疵保証保険に加入における 施工基準に達した

    構造になっているか・・を検査します 検査員さん2人で検査項目のチェックと現場の様子を

    記録する写真を撮影しています

    IMG_9476IMG_9479

    おもに躯体の施工の様子と開口部の防水処置が適切におこなわれているか?をチェックします

    検査員さんとG大工 プロ同士の話しコミュニケーションも大切ですね

    IMG_9501IMG_9500

    こちらも指摘事項なし 合格!!このまま引き続き工事が進められます

    この2つの重要な検査合格にて躯体の安全性を正式に実証します
    にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
    にほんブログ村