• 新モデルハウス地盤改良工事

    来年オープン予定の新モデルハウス

    平塚市中里モデルハウスの工事が始まりました!

    P1050530

    今度のモデルハウスは3階建ての2世帯住宅仕様です。

    地盤調査を行った結果、地盤の補強が必要である事がわかり

    柱状地盤改良を行うことになりました。

    今回は、3階建ての為3m~3.25mの深さまでの杭を

    なんと!34本、杭の直径は500mmの太さで

    地盤改良工事を行っていきます。

    P1050576

    まずは、こちらの青いテープが見えますでしょうか?

    この青いテープは、杭を打つ位置が分かるように

    目印のためにつけられるいる物です。

     

    P1050563P1050572

    そして、こちらの機械を使って作業をしていきます。

    左の写真は、穴を掘り改良剤を流し込む為の地盤改良機です。

    右の写真は、セメント系固化材を水と混ぜて泥状にするプラントです。

     

    P1050580

    改良工事には、決められた量のセメント系固化剤を

    使用するため、袋に番号が記載されています!

    使用後の写真も撮られ、工事施工報告書に記載されます。

     

    P1050591P1050593

    そして、袋のセメント系固化材をプラントに流しいれますが

    そのまま流し入れてしまうと、かなり飛散してしまうため

    ブルーシートをかぶせて作業を進めていきます。

    セメント系固化材を水と混ぜて泥状にする際

    大量の水を使用する為、事前に仮設の水が使用できる状態にしておきます。

     

    P1050566

    改良箇所のポイントにスクリュー状の機械でセメント系固化剤

    と水を混合した改良剤を注入しながら最終深度まで

    掘り進め 反転撹拌しながら機械を引き上げて

    地中に柱をつくり地盤を強化します。

     

    P1050586

    こちらの筒は、テストピースと言って

    地盤改良工事に実際に使用された改良剤の

    強度を調べるために使います。

    この結果に関しては、工事施工報告書にて記載されます。

     

    来週から基礎工事が始まります!お楽しみに~(‘ω’)ノ