• 平塚市K様邸基礎工事~検査

    平塚市K様邸、基礎工事が始まりました(‘◇’)ゞ

    根切りという堀削作業を行います!

    P1060406

    P1060399

    地盤の基準値より、35センチの深さまで掘ります。

    この作業を、根入れと言います!

    在来工法は、25センチが通常で外周のみ

    根入れを行いますが、テクノストラクチャー工法は

    中央部にも根入れをし更に地中梁(フレームのようなもの)

    を設け、より強い基礎となっています!

    P1060434

    根切りの作業が終わると、次に砕石を入れ

    転圧(プレート)を行います。

    その後に、防水シートを敷き込みます!

    P1060460

    次に配筋を行います!

    計画された基礎設計図面(基礎伏図)に基づき

    基礎屋が配筋工事を行っていきます!

    P1060515

    配筋工事が終了すると、現場監督が

    基礎図面を見ながら細かく確認を行っていきます!

    P1030379

    その後、第三者検査機関による適正な工事が

    行われているか配筋検査が行われます!

    この検査が、瑕疵保険(まもりすまい保険)

    加入審査となります!

    P1030399

    検査員の方が言ってくださいました。

     

    「ここ(タウンズホーム)の配筋は・・・

    本当よそに比べてきれいに配筋されてるね~!!」

     

    沢山の配筋検査を行っている検査員の方達に

    そのように言っていただけるのは、

    とても嬉しいことです!

    P1030392

    工事は着々と進んでいきます!上棟が楽しみですね(*´ω`*)