• 少人数家族にあわせたコンパクトな家Vol2[ 藤沢市辻堂元町I様邸基礎着工から上棟編]

    I様邸基礎着工です。

    地盤調査の結果「直接基礎OK」でしたのでまずは

    遣り方・根切り工事

    「遣り方」とは基礎の高さや水平位置の基準となる木枠を外周に取り付け、建物の正確な位置を決める作業です。
    「遣り方」が完了すると、次に「根切り工事」と呼ばれる作業に入ります。ユンボを使い、地盤を基礎底面まで掘り下げ、平らに仕上げていきます。

    防湿シートを敷きます

    砕石を入れて転圧(プレート)をし、防湿シートを敷き、地鎮祭のときにいただいた「鎮め物」を防湿シートの下に納めたあと、基礎配筋を行います。

    20190710_002405293_iOS P1220611

    P1220613 P1220678

    P1220686 P1220865

    真ん中には鎮祭で頂いた鎮め物をあさめます。

    P1220703 P1220708

    基礎配筋工事と第三者機関によるチェック

    配筋が完了した後は、第三者機関の検査員が、鉄筋の配置や組み方、鉄筋の間隔や高さなど、図面と照らし合わせながら確認します。

    P1220702 20190717_070726763_iOS

    問題なくOKが出たらコンクリートを流し込み基礎完成です。

    P1220793 P1220727

    そして真夏の上棟になりました。

    P1220812 P1220809

    P1220821 P1220826

    夕方棟があがりましたら、棟梁と建物四隅をお清めします。

    P1220834 P1220836

    P1220841 P1220839

    最後I様から職人さんへ労いのお言葉をいただき上棟終了となります。

    P1220849 P1220843

    P1220845 P1220846

    暑い中本当にご苦労様でした。有難うございました。

    無事に終わって良かったです。