• 基礎配筋検査

    藤沢市N様邸基礎工事が着々と進行しています

    根切りの作業が終了し、砕石を入れて転圧(プレート)をします。

    そして防水シートを敷き込みます。

    P1070847

    いよいよ配筋作業です!

    10mm・13mm・16mmの鉄筋と

    ユニット鉄筋という溶接鉄筋を使用します。

     

    ※ユニット鉄筋

    国で認められている溶接鉄筋BRS工法と言われ事前に

    基礎図面に従い工場で加工された物です。

    配筋が組み終わると第三者機関に夜配筋検査が行われます。

    IMG_9800

    実際に鉄筋の太さ、長さ 高さ 配置の位置 間隔

    つなぎ方など 検査員さんが実際に測って確認をし

    図面通りに組まれているか確認をします。

     

    検査に合格し次に行うのは・・・・

    基礎のコンクリートの流し込みです!

     

    ミキサー車からポンプ車後部の格子部分に

    コンクリートを送り込んでいるところです(*´ω`*)

    IMG_9807

    まずは高さを均一にするために

    深さのある外周部と地中梁に流し込んでいきます。

    IMG_9809

    ベースのコンクリートを流し込みが終わると

    次は基礎の立ち上がり部分です。

    P1080074

    枠を組みその枠にコンクリートを打ち込んでいきます。

    中3日養生期間を設け枠をバラすと・・・

    P1080077P1080097

    立派な基礎の完成です(*´ω`*)

    次回より大工さんによる土台敷きです!

    P1080198

    上棟まであと少しですね!