• 動線と収納を重視!!2階フリースペースはリモートワーク対応可 vol.3 「平塚市N様邸・基礎着工編」

    平塚市N様邸、基礎着工です。

    地鎮祭の時にチラットご案内させて頂きました地縄張りから、建物の正確な位置を測る為の基準点となる位置を出し、やり方へ進みます。

     

    「表土の鋤取り・根切・砕石の敷き込み・転圧」の作業へと進み、ここで地鎮祭の時にお預かりした「鎭め物」を納めます。

     

    次に地面からの湿気が基礎に侵入しないよう防湿シートを敷き、基礎形状を正確に造成するために捨てコンを外周部に施工します。

     

    ここからが本格的な基礎工事の着工開始です。まずベタ基礎のスラブ(床)部分に鉄筋を組んでいきます。

     

    矢印の部分が地中梁です。弊社耐震住宅工法「テクノストラクチャー工法」は全棟構造計算をし、計算上必要な部分に「地中梁」が入ります。1階の床をよりしっかり支える地中の梁になります。

    鉄筋が組み終わると配筋検査です。配筋検査もOK!!

    そして基礎立ち上がり部分にコンクリートを打設するための型枠を組んでいき、コンクリートが打設されます。コンクリートの強度が発現するまで一定期間が必要なため、1週間程度の養生期間を設け、型枠が外れます。

     

    次は上棟です。