• 世界と比較!地震大国『日本』で耐震性能の優れた耐震住宅を建てるには?

     

    earthquake-3167693_640

    世界でも有数の地震大国と言われている日本ですがその一方で耐震先進国とも言われています。

    世界の住宅に比べて日本の耐震制度がどのくらいすごいのか気になりますよね。今回は日本の耐震制度のレベルが世界に比べてどのくらいすごいのか、耐震性能を示す指標、「耐震基準」と「耐震等級」の2つについての解説と、おすすめの耐震住宅の工法をご紹介いたします。

    「耐震基準」と「耐震等級」

    耐震性能を示す指標には、「耐震基準」と「耐震等級」の2つが存在しています。似たような言葉ではありますが、それぞれ意味が異なる要素なので耐震基準と耐震等級の違いについて解説していきます。

    国が定めた必要最低限の耐震制度「耐震基準」

    耐震基準とは、「建築基準法」及び「建築基準法施行令」によって定められた耐震性能の基準です。

    建築確認申請手続きを通じて、建築の許可をするための条件として国が定めています。
    そのため、耐震基準に適合していない住宅などは建築確認の許可が下りず建築することはできません。つまり、世の中に存在している建物は原則建築確認許可が下りた建物であるとも言えます。

    しかしながら、耐震基準に適合していない建物が中には存在しています。

    ●違法建築の存在(耐震基準を満たしていない建物)
    一定割合で建築基準法違反の住宅。耐震基準違反の住宅が一定数存在ていることがあるので注意しましょう。消費者自身では違法建築かどうか判断するのは難しいので、唯一の対策として建築士や住宅インスペクターに住宅診断を依頼することが最良の対策となります。

    ●「耐震基準」の見直しの存在
    1950年に制定された建築基準法の制定以降、耐震基準に関しては大きな見直しが3回おこなわれました。そこで、現在運用されている2000年の改正内容に基づいた耐震基準を満たしていない住宅が存在するのです。

    また、木造住宅に関しては、3種類が現存しています。

    ・1981年より前に建てられた住宅(旧耐震住宅)
    ・1981年~1999年に建てられた住宅(新耐震住宅)
    ・2000年以降に建てられた住宅(改正新耐震住宅)

    現在の建築基準法(耐震基準)に適合しているのは、「2000年以降に建てられた住宅」「1999年以前に建てられて現在の耐震基準に沿って耐震改修された住宅」です。つまり、1999年以前に建てられて耐震改修されていない木造住宅は、耐震基準を満たしていないことがあります。

    人命と住宅を守ることを目的として設定されている「耐震等級」

    earthquake-1665891_640

    耐震等級とは、2001年に施行された「品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)」にて規定された耐震性能の指標のことを言います。

    「耐震等級(品確法)」を満たしていなくても、「耐震基準(建築基準法)」が満たされていれば家を建てる事ができます。住宅全体を見ても、耐震等級の認可を受けた住宅数の割合は少ない方です。

    耐震基準と耐震等級の最大の違いは、耐震基準は人命を守ることを目的として設定されているのに対して、耐震等級は人命に加えて住宅を守ることが目的となっている点です。例えば、大規模地震においては「人命確保」と「住宅の損壊を極力小さくする」ための性能指標が耐震等級になります。

    3つの耐震等級

    1. ・耐震等級1…建築基準法の耐震基準を満たす最低ライン。その基準は「震度6強の地震が来たとき、傾きはしても倒壊しない」というものです。もっと分かりやすく言うと、「家は傾いても、その間に人が逃げられたらOK」というレベルになります。
    1. ・耐震等級2…耐震等級1の、1.25倍の地震に耐えられる強さ。一般的な病院や学校で採用されている基準です。
    1. ・耐震等級3…耐震等級のなかでは最高ランク。耐震等級1の、1.5倍の地震に耐えられる強さです。これは、防災拠点となる消防署や警察書を新築する際に採用される基準と同等になります。

    日本の耐震性能のレベル

    zen-2040340_640

    日本では1995年阪神・淡路大震災において神戸に建つ2棟の免震・耐震建築物が無被害だったことから、免震・耐震工合への関心が高まり急速に普及が進みました。

    現在では戸建の住宅にも免震・耐震構造を採用している家は増え続けています。

    2011年東日本大震災でも免震・耐震建築物を採用した建築物は無被害であり、高い性能が確認されていることから、今後されに普及が進むものと考えられおり、今や免震・耐震住宅は住宅を建てるのに当たり前のようにもなってきています。

    一方、世界的にはまだ免震・耐震構造の普及は日本ほど進んでおらず、日本について免震・耐震建築物の数が多い中国ロシアイタリアアメリカフランス台湾ニュージーランドアルメニアに続いて、韓国チリなど少数ではあるが免震構造を採用している国があります。どの国もやはり大きな地震が起こった後に免震・耐震建築物が普及されており、歴史こそ長いものの、マンションや住宅に対しての適用事例はまだ少ないようです。

    逆を言えばそれ以外の国ではほとんど免震・耐震構造の建築物は普及していないに等しいということです。

    今では予想もしていない国や土地で地震が起きるような世の中なので、今後、日本の免震・耐震性能は注目されてもおかしくないはないでしょう。

    テクノストラクチャー工法

    日本では住宅においての耐震性能レベルが先ほど記載した等級の中の最高ランク、等級3のレベルで家を建てることが可能です。

    タウンズホームで推奨しているのが「テクノストラクチャー工法」です。

    日本の耐震性能レベルは世界に誇れるレベルと言っても過言ではないでしょう。

    せっかく建てるお家なら世代を超えて安心・安全に暮らせる財産にしたいですよね。

    耐震住宅についてのお問い合わせも随時ご対応させていただきます。

    ▼タウンズホームへのお問い合わせはLINE@が便利です!
    (お問い合わせ方法)
    1)以下のバナーから公式LINE@に登録
    2)メッセージで質問を送信
    3)メッセージ確認後、担当がご返信いたします
    ※毎週水曜、隔週火曜定休
    ※営業時間10〜17時

    友だち追加