• 藤沢市K様邸2年点検

    藤沢市のK様邸に定期点検にやって参りました!

    この頃すっきりとした秋晴れがなく残念です。

    P1030131

    今回お伺いしたK様邸のお家は、

    通常のテクノストラクチャー工法より

    更に耐震に優れていて高気密高断熱のお家です。

    それは、なぜなのか?

     

    点検のレポートの後にご紹介致します!!

    まずは、室内の点検です!

    今回事前にお話をお伺いしましたが

    特になしとの事でしたので、普段生活されている

    お家の方が気づきにくようなところを

    重点的に見ていきます。

    P1030136

    トイレにある手洗いのパイプの水漏れを確認していきます。

    P1030137

    洗面所の洗面化粧台も点検していきます。

    P1030144

    建具の状態を確認していきます。

     

    点検を進めていくと、吸気口がしまっていて

    吸気が出来ていなかった為、仕組みなどを説明させて頂きました。

    P1030143

     

    2階に上がろうとした時に、目に飛び込んできたのが

    山の写真の数々。

    ご主人様が山がお好きだそうです。

    実は、K様邸の表札も山をモチーフにした物でした。

    P1030147

    階段は吹き抜けになっている為

    とても開放感があり、大きな窓から光が射し込みます!

    P1030151

    奥様にも、大きな窓があるからとても明るいんです。と

    言っていただけました。

     

    次は、室外の点検を行っていきます。

    基礎・屋根・雨樋・外壁などを点検していきます。

    P1030156P1030158

    K様邸のサイディングは親水セラの為

    2年経ったとは思えないほどとてもきれいです。

     

    今回は、特に手直しもなく点検は終了です。

     

    それでは・・・なぜK様邸が通常のテクノストラクチャー工法より

    更に優れているのか・・・ご説明させて頂きます。

     

    <その1 高気密・高断熱の理由>

    → くるみ~なの使用

    高気密・高断熱の住宅で外張り断熱工法の、

    気密・断熱性能により、屋外の気温の影響を軽減します。

    家の中が効率的に冷暖房されるため、

    ひろ~いリビングや、リビング階段のあるお家でも

    省エネで快適に過ごすことが出来ます!

    くるみーな

    奥様にお伺いすると・・・

    冬はとても暖かくて、夏は涼しかったです!

    との事で、猛暑だった夏場も

    窓を開けるだけで風の通りも良く涼しかったのでクーラーは

    あまり使用しないで過ごされたそうです。

     

    <その2 通常のテクノストラクチャー工法より更に優れている理由>

    耐震ダンパーの使用

    テクノストラクチャー工法に、さらなる安心を加える「制震システム」

    地震の揺れで変形しやすかった2階の部分の揺れを抑え、

    家具の転倒などの不安をやわらげます。

    また、制震装置は、連続する余震にも何度でも

    抑制効果を発揮します。↓

    IMG_2089

    いまだに余震が続く2011/3/11の

    東日本大震災の時のお話をお聞きする事が出来ました。

     

    奥様は地震が起こった時、お家ではなく

    会社にいらしたそうです。

    会社は地震による揺れで物などが倒れ

    とても大変だったそうで、家は・・・大丈夫なのか

    とても不安になられたそうです。

     

    不安な中、家に帰宅すると・・・家の中は・・・

     

    たった1つビンが倒れていただけで

    その他の物は、全く変化はなかったとの事でした。

    それだけ耐震性に優れているとい事が

    証明されたのではないかと思います!!

    さすがテクノストラクチャー工法!!凄いです。

    上記2点が通常よりさらに耐震性に優れ、

    高気密・高断熱の理由です!

     

    とても貴重なお話をお伺いさせて頂きまして

    誠にありがとうございました。

    次回点検でお会いできるのを楽しみにしています。