• 玄関ドアのお手入れ

    entrance

    ドアの開閉時にギイギイ音がする場合

    【これで解決】蝶番に油を注します

    ドアがギイギイ鳴ったり、スムーズに動かないときは、蝶番などの可動部分の油が足りていないので、注油すればスムーズになります。
    ドアクローザーのピボットヒンジ、そして蝶番に注油します。 また、錠の受け部分(ストライク)にも適宜油を注すとよいでしょう。

    【ご注意】錠前シリンダー部分(ドアノブがついているところ)には、注油しないように注意しましょう。故障の原因になります。

    ドアの蝶番やノブがガタガタしている場合

    【これで解決】ネジのゆるみを締めます

    ドアがガタついていたり、ドアの一部がドア枠をこすってしまうような場合、蝶番の取り付け部分がゆるんでいることが考えられます。蝶番のネジをドライバーで締めれば直ります。ネジは時計回りにドライバーを回して締めます。

    また、ドアノブがガタガタしているときには、ノブの取り付け部分がゆるんでいることが考えられます。
    やはりドライバーでネジを締め直しましょう。ノブのネジも、時計回りで締めることができます。

    【こんなときには専門業者に連絡を】
    ドアの一部がドア枠をこすってしまうときは、蝶番が変形していたり、まれに玄関ドア自体の変形ということも考えられます。この場合は専門の業者に連絡してください。

    ドアの閉まる速度を調節したい場合

    【これで解決】ドアクロ―ザーを調節します

    ドアクローザーとは、ドア内側の上部に取り付けられている自閉装置ですが、この速度を調節できることを知っておくと便利です。速度の調節は、ドライバーで簡単に行うことができます。調整は微妙なので、少しずつ動かし確かめながら行ってください。調節バルブが1つしかないドアもありますが、速度の調節の仕方は同様です。

    カギがスムーズに回らない場合

    【これで解決】鉛筆の芯を活用します

    カギをカギ穴に差し込んで回そうとするとき、どうも引っかかるような、うまく回らないときがあります。
    そういうときには、鉛筆の芯をカッターなどで削り、カギに振りかけるか市販の潤滑剤(シリコンスプレー)を注入すればスムーズになります。

    【ご注意】油は故障の原因になりますので、カギやカギ穴には絶対に注さないようにしましょう。