• 事務所併設のオシャレなガレージハウスVol.3【寒川町C様邸】家づくり奮闘記:上棟編

    寒川町C様邸、上棟の様子をレポートします。

    ・・・と、その前に。ガレージハウスならではの基礎をご紹介。

    C様邸の場合、道路との高低差が50センチほどあり、駐車場部分に段差ができるため、パナソニックにてしっかりと構造計算を実施。

    とても個人宅とは思えない、大掛かりな基礎が完成しました。

    IMG_2955 IMG_2956

    画像ではなかなか伝わらないのが残念。興味のある方は是非お問い合わせください。

    そしてガレージハウスは当社にお任せください!

    IMG_3100 samukawa_c (1)

    では、上棟に戻ります。

    鉄と木材の融合梁(テクノビーム)を組み上げていきます

    重量のある鉄と木材の融合梁(テクノビーム)をクレーンで持ち上げ、建ち上げた柱と接合させていきます。

    テクノストラクチャー工法では、木と鉄を組合わせた「テクノビーム」を採用。
    通常の木の梁と比べるとたわみが少ないので、長い年月が経過した後も、梁のたわみからくる骨組み全体のゆがみがおさえられます。さらに地震などの一時的にかかる大きな力に強いのも安心のポイントです。

    地震に強い家~テクノストラクチャー工法

    samukawa_c (20)

    ★タウンズホーム平塚モデルハウスにて「鉄と木材の融合梁【テクノビーム】」を実際にご覧いただけます。
    平塚モデルハウスはこちら

    samukawa_c (1) samukawa_c (3)

    samukawa_c (2) samukawa_c (2)

    現場の様子を見に来た設計士とお施主様とで最終確認中

    現場の様子を見に来た設計士とお施主様とで最終確認中

    上棟後のお清め

    すべての上棟作業が完了したあとは、お施主様と棟梁で四方をお清めしていきます。

    samukawa_c (6) samukawa_c (7)

    samukawa_c (8) samukawa_c (9)

    samukawa_c (19)

    お施主様より大工への労いのお言葉

    お施主様よりこの日の上棟作業に携わっていた全員に向けて、差し入れと労いの言葉をいただきました。お気遣いありがとうございます。

    samukawa_c (11) samukawa_c (12)

    samukawa_c (14) samukawa_c (13)

    samukawa_c (15) samukawa_c (17)

    samukawa_c (16)

    周辺の掃き掃除

    すっかりあたりも暗くなり、さて撤収!!
    の、その前に、現場監督が周辺を清掃いたします。
    私たち工事関係者の振る舞いが、そのままお施主様の印象になりますので、緊張感を持って現場作業を進めます。

    samukawa_c (18) samukawa_c (5)

    C様、上棟おめでとうございます。完成が待ち遠しいですね。