• 6.5帖のピアノ部屋がある家Vol.1【茅ヶ崎市Y様邸】家づくり奮闘記:打ち合わせ編

    茅ヶ崎市Y様邸、打ち合わせの様子をレポートします。

    向かって右側がY様ご夫婦。左側が高橋設計ご夫婦。奥様同士、いつも大盛り上がりの打ち合わせです。

    NKaaXONoh2B7ydl1527149432_1527149458

    その間、Y様の二人のお子様は静かに待っています。

    P1190247

    お施主様にインタビュー

    家を建てるきっかけ

    近所にある主人の実家を建て替えて住もうという話になったのがきっかけです。

    タウンズホーム を知ったきっかけ

    インターネットでいくつか資料請求をした中で、たまたま子どもがインフルエンザで家にいたときに、営業の松原さんからお電話をいただいたのがきっかけです。その後、平塚中里にあるモデルハウスと大磯にある自然素材のモデルハウスという、まったく違うタイプの2つのモデルハウスを見させてもらいました。

    タウンズホーム に決めた理由はなんですか

    設計士さんが最初に提案してくださったプラン画像が、わたしが思い描いていたとおりのものだったことが決め手のひとつです。【コストをかけすぎずにナチュラルな感じの家で】というイメージどおりのプランでした。あと、他社さんは営業担当がプランを作られるのに、契約前の段階で設計士さんがプラン提案をしてくれるのはタウンズホーム だけでした。

    Y様邸の特長

    長女にピアノを習わせているので、6.5帖のピアノ室を作ります。熱心にピアノに取り組む娘の耳を育てるために、リビングにはスピーカー付きのダウンライトを設置します。

    ****************

    Y様、ありがとうございます!
    6.5帖ものピアノ室がどんなお部屋になるのか今から楽しみですね。

    次回、地鎮祭編もお楽しみに。

    ▼土地探しや家づくりに関する最新情報をお届け!タウンズホーム公式LINE@はこちら
    友だち追加