• 藤沢市S様邸、外張り断熱「くるみーな」!!

    エコな暮らしを大切にし、ご家族の健康を第一に考えるZEROエネルギー住宅S様邸は、「気密性・断熱性によって、家の中の温度差をなくし、冷暖房効率もぐんとアップする外張り断熱

    「くるみーな」を採用。

    パネルが貼られました。

    IMG_1574 IMG_1575

    IMG_1537 IMG_1573

    パネルにはこんな紙が貼られています。場所によって書かれている事は異なりますが、これは構造計算によりパナソニックから釘の種類・長さ・間隔まで指示がきます。

    そして図面だけでなく全てに間違いがないように各パネルに貼られています。

    ここの壁は四週部は65ミリのCN釘を75ミリピッチで、間柱部は65ミリのCN釘を150ミリピッチで打つことにより壁倍率5倍 の強度をもつ耐力壁として認められるという意味です。パネルだけでなく釘の種類・長さ・ピッチも壁倍率に影響するんですね。この「CN」釘の特徴は初期剛性と粘り強さに優れているため、耐震性・耐風性が非常に高いようです。

    釘って、職人が使う建築物の釘から日曜大工でお父さんが使う釘までとても幅広く種類も長さも豊富で14種類あるんです。

    詳しくはウィキペディア調べてみてください。

    IMG_1295

    そして最近は「打ち込んだ後では検査ができない」という問題を解決するためにデジN釘と称する頭部に釘長の刻印されたカラー釘もあるんです。

    見えますか~~50て刻印してあるの。

    IMG_1302

    そして現場にはこんなマークも。パナソニック耐震住宅「テクノストラクチャー」の場合きちんと施工が守られるようにしるしがついてきます。

    そして右側と左側、釘の色もサイズも違うんですが見えますかね~~??

    検査の時に一箇所一箇所全てチェックが入ります。

    IMG_1291

    近々にパナソニック・そして第3者機関の検査がある為、今日は郡司監督社内チェックです。

    IMG_1280 IMG_1282

    IMG_1279 IMG_1303

    全てのチェックが終わり検査に備えます。

    IMG_1297