• 眺望自慢の家 Vol.3【秦野市M様邸】家づくり奮闘記:着工編

    M様邸、基礎着工です。

    建物の外周部と内周部を建物の基準となる高さに堀り下げます。
    そして地耐力を出すための基礎ベースに砕石を敷いていきます。

    IMG_2147 タウンズホーム秦野

    地盤調査の結果、全体的には改良なし判定でしたが、1ケ所だけ「多少軟弱」という結果であったため、より深く砕石を敷くことになりました。

    砕石を敷いたあとは、転圧後防湿シートを敷きます。

    土地の神霊を和め鎮めるために捧げるお供え物として地鎮祭の時にいただいた「鎮物」をシートの中央部に納めました。

    IMG_2197 IMG_2198

    そして基礎配筋工事です。

    テクノストラクチャー工法の基礎設計にて、地盤や地耐力、間取りに応じた基礎形状、仕様、鉄筋の配置や寸法が決定し、全体の荷重バランスに応じた基礎配筋をします。

    通常、木造にはない地中梁も構造計算によって細かく指示されています。

    IMG_2232 IMG_2231

    IMG_2258 IMG_2238

    配筋工事が完了すると、第三者検査機関による配筋検査が実施されます。

    IMG_2255 IMG_2256

    検査も無事終わり、最後の工程はコンクリートの流し込みの作業です。