• 土台敷き

    藤沢 羽鳥モデルハウス建築現場では

     土台敷きが行われています!

     基礎上端部に土台を敷くための墨出しをします。

    基礎パッキンを敷く

      *基礎パッキング工法は*

    基礎と土台の間が換気口となるため、

    全周通気でコーナー部分まで換気が可能です。

    また、床下換気口を設けないため、

    基礎は頑丈、基礎と土台が離れているため、

    土台が乾燥しやすく丈夫に保つことができます。

    アンカーボルトと土台をナットで固定し

    土台にボルトを通す穴をあけ、基礎パッキンの上にのせます

    土台と土台がしっかりとかみ合うよう木槌で打ち込み

    土台敷き終了となります。

    明日は床断熱材敷き作業の予定です。