• 中里モデルハウス進行状況

    中里モデルハウス・・・順調に工事が進んでおります。

    本日は、屋根をご紹介(‘◇’)ゞ

     

    屋根の形状は、陸屋根(ろくやね)です。

    陸屋根とはどのような屋根の形なのか・・・?!

    傾斜の無い平面状の屋根のこと。平屋根(ひらやね)とも言います。

     

    まずは、手摺壁の下地を取り付けていきます!

    P1060064

    次に根太を敷いていきますが、

    この時に、屋根の勾配をつくっていきます!

    P1060068P1060070

    写真でも、右に流れるように勾配が出来ているのが

    はっきりとわかります(^^)/

     

    そして、さらにその上に、合板を貼っていきます。

    上棟時に取り付けた一番下の合板は28mmですが

    根太の上に貼る合板は12mmです。

    P1060072

    この12mmの合板は、2重貼りにします。

    強度が増すように同方向に貼るのではなく

    互い違いに貼っていきます。

    P1060073

    合板と合板の隙間の間隔は100mmです。

    なぜこのような貼り方をするのか?

    それは・・・・排水溝を造る為です。

     

    まずは結露防止マット(白いスポンジのようなもの)

    を敷いて、帯・板金を釘で押さえていきます。

    雨水が侵入した場合、この溝を通って

    雨樋から水を排出する造りになっています。

    P1060125P1060126

    そしてレインボウルーフを貼っていきます。

    P1060114

     

    屋根がほぼ完成しました(‘◇’)ゞ

    P1060144

    まだ手摺壁の部分は作業を行っていない為

    今回はここまでで終了です

    次回奮闘記をお楽しみに~(‘ω’)ノ