• 「ゼロエネモデルハウス」基礎配筋検査からコンクリート流し込み行程!!

    配筋が終わると図面通り配筋が組まれているか現場監督立会いの下、第3者機関によって検査が行われます。

    無事に配筋検査が終わると次はコンクリート流し込みです。

    まずは外周部と地中梁にコンクリートを流し込んでいきます。

    なぜ外周部と地中梁から流し込んでいくのかというと他の部分に比べて深さがある為、高さを均一にする為に優先して埋めていきます。

    IMG_0836 IMG_0849

    IMG_0850 IMG_0851

    IMG_0874 IMG_0875

    そしてレーザーレベルという水平を測ることのできる機械を使用し、コンクリートを均一にしていきます。

    半分くらい固まってきたところでコテで抑えていきます。

    次に基礎の立ち上がりの部分です!木枠を組んで、コンクリートを打ち込んでいきます。

    IMG_0882 IMG_0893

    IMG_0902 IMG_0900

    流し終わると中3日養生期間を設け型を外し基礎完成です。