• “ タウンズホームは「ZEHビルダー」として2020年度までに供給する「注文住宅」「建売住宅」のうち、ZEHが占める割合を50%以上とする目標を掲げます!! ”

    ●『ZEH』ってご存知ですか?

    政府が普及を進めている『ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)』とは、「省エネ」と「創エネ」の効果を組み合わせて「住まいの年間一次エネルギー消費量」を正味(ネット)でゼロ以下にする住宅の ことです。

    これから2030年にかけて、政府によるエネルギー政策が段階的に実施されます。

    簡単に言うと、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住宅の断熱性能を高性能にし、高効率設備機器を採用する事で、出来る限りの省エネに努め、太陽光発電などで エネルギーを創り、家庭で『自給自足』 できる住まいのこと。

    ● 政府の 「目標」と「ZEH普及に向けたロードマップ」

    政府は「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」の実現を目指す」とする政策目標を掲げています。

    経済産業省資源エネルギー庁はこの目標の達成にむけたZEHロードマップの検討を行い、そのとりまとめを2015年12月に公表しました。

    zeh

     

    ZEHビルダー』とは?

    そして、平成28年度 政府が目標として推し進める、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業」と「ZEHロードマップ」の意義に基づき、SII(一般社団法人 環境共創イニシアチブ)は2020年度までに受注する住宅のうちZEHが占める割合を50%以上とする事業目標を掲げるハウスメーカー、工務店、建築設計事務所、リフォーム業者、建売住宅販売会社を「ZEHビルダー」と定め、公募がはじまりました(H28年4月4日(月)より)。

     

    タウンズホームの取り組み

    タウンズホームでは、2020年までに供給する住宅の内、ZEHが占める割合を50%以上とする目標を掲げ「ZEHビルダー」として登録申請をしています。

    また、ZEH普及の実現にむけた超高性能住宅『マホーム・ゼロ』を販売開始しております。

    この『マホーム・ゼロ』はZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の基準に対応した住宅シリーズで、ZEH補助金※を受けることができます。

    『マホーム・ゼロ』の標準仕様として、「(充填+外張)のダブル断熱」「高効率床下エアコン」「24時間熱交換換気システム」「樹脂サッシ」(YKKAP APW330、APW430)「太陽光発電」を採用し、構造躯体は耐震性が自慢のパナソニックのテクノストラクチャー工法(耐震等級3)で組上げ、長期に渡りこれらの性能を維持します。

    快適で家計にやさしい超高気密・高断熱と省エネルギー性能により、ZEHの基準を遥かに上回る性能を実現し、安全安心な構造躯体がオンリーワンの注文住宅を造りあげます。

    詳細につきましては、スタッフにお問合せ願います。(毎月限定で2棟 キャンペーン価格にて受付中)

    ※補助金についての詳細は SII(一般社団法人 環境共創イニシアチブ)ホームページを「平成28年度「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業一般公募について」を参照ください。https://sii.or.jp/zeh28/first.html